TOPICS

Dream Cloud Groupからのお知らせ

採用ブランドを高めるメリット

そもそも”採用”ブランドとは、自他ともに認める、他社と区別できる自社の「らしさ」をブランドとして考えてみてください。学生や現社員を含めて共通のイメージを抱くことが出来れば、それが『採用』ブランドになります。

『採用』ブランド力を高めることで生まれるメリットは、大きく2つになります。一つ目は、母集団を確保するために必要以上の投資や労力を使わなくても、自社にマッチした学生から応募してくる可能性が高まる、そして採用競合に負けない、というメリットが生まれます。入社後のミスマッチを防ぐことにも繋がりますね。これはイメージしやすいメリットだと思います。

そして二つ目は、企業価値が向上するという点です。企業という法人は、個人の集まりによって形成されています。現社員で『採用』ブランドの実態が作れていれば、あなたの企業で働く一人ひとりが成長し、その企業で働くことに自己肯定感を得ていることになります。その企業で働くことに幸せを感じる社員が増える=確固たる『採用』ブランドを確立できる、ということです。

「ブランド」はイメージ、「ブランディング」はイメージアップのために行う何らかの施策。そう理解している方も多いかと思いますが、ブランディングとは、「らしさ」を作り出すこと、と解釈した方が良いとも考えます。「誰もが知っている大企業」=「採用のブランド力が高い」という認識があるかもしれませんが、決してそうではありません。確かに認知度の高い企業は、採用では有利ですが、表層的な認知ではなく、自社の「らしさ」をウソ偽り無く、正々堂々とありのままの知ってもらうことで、高めることができると思っています!

当社には幅広い分野でのご支援、コンサルティングが可能となりますのでお気軽にご相談くださいませ。

ドリームクラウドの公式WEB動画footer画像