TOPICS

Dream Cloud Groupからのお知らせ

青山商事が就職活動向けスーツのレンタルサービス開始 神戸大学生とシステム構築

青山商事は就職活動向けスーツのレンタルサービスをスタートさせ、

10月1日に全国の洋服の青山の全785店舗とザ・スーツカンパニーの全48店舗で受け付けを開始する。

 メンズはジャケットとパンツの組み合わせが22サイズ(ザ・スーツカンパニーは14サイズ)、ウィメンズはジャケットとスカートが両業態とも6サイズある。

色は黒無地で、年間を通して着用できる仕様となっており、

レンタル料金は最大5日間で3900円。レンタル品は販売商品と同等品を使用しており、販売価格と比べて最大で5分の1程度のレンタル料金だという。

 レンタルサービスの利用者は洋服の青山かザ・スーツカンパニーの店舗で

プロの販売員が採寸した商品を予約し、商品は予約した店舗で受け取る。

予約は商品受け取りの90日から10日前までの期間で可能で、衣類のクリーニングや修理などのサービスを手掛けるディアハートとの協業により、

使用後は受け取り店舗に返却するだけでクリーニングは不要だ。

 今回のレンタルサービスは、神戸大学で活動する広告研究会「アドタス(AdTAS)」と

プロジェクトチームを立ち上げ、メンバーである現役学生との意見交換を重ねながらシステムを構築した。

面接や会社説明会はオンラインでの定着が見込まれることから、新型コロナ下の就職活動に対応したサービスだ。

 青山商事は、2016年にモーニングコートのレンタルサービスを導入して以来、

近年のシェアリング志向の高まりとともにタキシード、パーティースーツ、

ウィメンズの子ども用お受験スーツ、パーティードレス、

セレモニースーツなど6アイテムに拡大している。

レンタルサービス関連の売り上げは好調で、

20年3月期の売上高は前期比約20%増だった。

同社は“所有”から“利用”への消費行動の変化に対応し、

今後もレンタルサービスを拡充していく方針だ。

転用:相川克彦 著(WWDJapan 9月24日)

ANA・JALも採用を中止…就活市場「コロナ氷河期」のヤバすぎる実態

求人倍率が大変なことに・・・

全国の民間企業の求人総数は前年の80.5万人から68.3万人へと12.2万人、
約15.1%も減少したのだ。

求人総数が前年比10%以上の下落を記録したのは、
リーマン・ショックの影響が出た2009年以来のことになる。

すでに、就職人気企業であるANAやJALといった大手企業も、
2021年度新卒採用の新たな活動を中止することを発表している。

昨年まではアベノミクスやオリンピック景気もあって、
企業の採用意欲は旺盛であり、
ここ5年ほどは1.8倍前後の売り手市場傾向が続いていた。

若手社員の早期離職も企業にとっての深刻な課題となるほどだった。
そこから一変。

厳しい就職環境が訪れたことになる。

例年ならば4月中下旬にリクルートワークス研究所から
翌年度卒の大卒求人倍率が発表される。

バブル崩壊以降の不況期、
リーマン・ショックの後でさえ定期的に発表されてきた。

東日本大震災の最中でさえ発表は1カ月遅れに留まっていたが、
企業の実態調査に混乱を極めた2021年度の大卒求人倍率調査の発表は、
3カ月以上遅れた2020年8月6日までずれ込んだ。

コロナショックが、
いかに企業の採用活動においてもパニックを引き起こしたかがうかがえる。

ただ、大企業の新卒採用の選考ピークとなる4~6月に、
国が緊急事態宣言を出し、人為的に経済活動を止めた影響もあるため、
企業の採用活動が一時的に落ち込むことは致し方ない。

一時的な落ち込みであれば、
学生は秋から冬にかけて就活を仕切り直せばなんとかなるだろうし、
来年以降就活に向かう学生はもちろん
親世代も来年以降に明るい展望も持ちたいところだろう。

記事出所:現代ビジネス((株)FeelWorks代表 前川 孝雄)

授業もサークルもない大学1年生に募る孤独感

コロナ禍のなか、4月に入学して以降、一度も大学に行っていないという新入生も多い。

孤立を深めるなか、「後期は対面授業」を切望する声が上がる。

大学はどう応えていくのだろうか。

※ AERA 2020年9月7日号から。

勿論、リアルタイムな問題だが、この「オンラインで授業を受ける大学生活を

過ごす学生たちの就活」が訪れるのは3年後

また、さらに新たな問題に直面するに違いない。

「いつになったらキャンパスの土を踏めるのだろう。
後期は対面授業を本当に受けられるのか」

中部地方の実家で暮らす大学1年生の女性(18)は、

じりじりした思いで大学の後期授業の発表を待っている。

今年4月、首都圏の大学の農学部に入学した。

しかし、キャンパスに足を踏み入れたことは一度もなく、

写真でしか知らない。
入試は地元で受験し、合格はインターネットで確認。

新型コロナウイルスの感染拡大で入学式がなくなり、

前期の授業は全てオンラインだった。

この間、実家で暮らし、学校近くに借りた部屋は
毎月7万円の家賃だけが引き落とされていく。

夏休みの今も、大学の友だちと呼べる人はいない。
前期はひたすら部屋にこもってひとり課題をこなしてきた。

「体育の実技までオンラインでした。部屋でひとり、
体操をしながら『何の力がつくのだろう?』とむなしくなりました」

まだ見ぬ大学への不信感と疎外感
課題が提示される場所や提出場所は、教員によってまちまち。
見落として失敗しても、自己責任にされてしまうのか。
なぜ学生に寄り添ってくれないのだろう。

まだ見ぬ「大学」への不信感と疎外感ばかりが募る。

「後期授業も全部オンラインになったら、心が折れます……」

コロナ禍で、今春、多くの大学は入学式をやめ、
学校を閉じ、オンライン授業にシフトした。

「学生や教職員の健康を守りつつ、教育を提供する」ための
試行錯誤のなか、新たな課題も噴出した。

「大学1年生の孤立問題」はそのひとつだ。

新歓イベントをはじめ、教室での授業、サークルの勧誘など、
従来、新入生が大学コミュニティーに溶け込むきっかけとなってきた
出会いや交流の場が失われた。

オンラインでの代替や独自のサポートをする大学もあったが、
全国大学生協連の7月調査では、
1年生の28%が「新しい友だちがいない」と回答。

オンライン授業のみを受けてきた1年生では33%に上る。

保護者も危機感を募らせる
大学1年の子を持つ、保護者たちも危機感を募らせている。

「娘は朝から晩までパソコンと向き合う、実質引きこもり状態でした。
こんな生活を延々続けて、社会に出てから大丈夫なのでしょうか?」
(東京都・52歳)

「オンラインで講義を受けるだけなら『大学に行く意味は何?』と
考えてしまいます。
今後、大学選びも変わっていくのでは」
(大阪府・51歳)

対面授業を実施するには、
教室内のソーシャルディスタンスの確保など感染対策が不可欠。

大学のキャパシティー面からも、
全ての授業を対面で実施することは難しい。

実習や実験を優先するなど、限定的なものになる可能性が高い。
冒頭の女性の大学も、後期は週に1日程度、
対面授業が受けられるようにする方針を打ち出しているが、
詳細はまだわからない。

果たして、限定的な対面授業の再開だけで
「1年生の孤立」や「学生コミュニティーの構築」の課題は
解決されるのか。

「表のカリキュラム」は大学が提供する「学び」。
「裏」はサークルなど、授業以外の学生同士の協働だ。

それによってコミュニティーが形成され、授業や学校生活でわからないこと、
困ったことがあったときに「縦・横の助け合い」が機能してきた。

「重要なのは『表』も『裏』も有機的に働き、
不可分な関係にあることです。

大学の授業はかつてと違い、一方通行の一斉講義だけでなく、
アクティブラーニングなどの協働型のものが増えている。

新入生の拠り所も脆弱になりかねない
今年の1年生が大学コミュニティーに参加しきれなければ、
来年以降、続く新入生の拠り所も脆弱になりかねない。

オンライン授業は、Zoomなどを使う「同時双方向型」と、
収録した授業動画やテキスト教材を好きな時間に受講する「オンデマンド型」がある。

「いつ、だれが受けているのかわからないオンデマンド型の授業が多いと、
孤立感が増すのは当然です。
加えて、オンデマンド型では協働型の授業は難しく、問題は大きい。
解決するには、通信環境が十分でない学生が同時双方向型を受講できるよう、
大学内に発話のできるパソコンブースを整備する必要がある。今後の重要課題のひとつです」

学生からは、メンタルの不調を訴える声も上がる。
筑波大学の保健管理センターで学生を診察する、
精神科医の白鳥裕貴さんはこう危機感を口にする。

「毎年、春の健診でスクリーニングに引っかかる学生は5%程度。
今年はウェブでの問診になりましたが、10%と倍近いです」

不調の原因で最も多いのは睡眠不足。
オンデマンド型の授業はいつでも受講できるからと、
生活リズムを崩しているケースが少なくない。

孤立が原因の場合は、可能な限り実家で過ごすようにして、
安心できる居場所の確保が大事だという。

(編集部・石田かおる)

※AERA 2020年9月7日号

就活生が最も相談する相手は「友人・知人」で約6割に

さて、4組に1組の親子が就活について話していない事実も分かった中で、

就活生は親以外のだれに相談しているのだろうか。

子に対して「(就職活動に関して)迷ったら誰に相談しますか」と

尋ねたところ、最も多いのは「友人・知人」で62%に上った。

次いで「親」と「大学の先生・キャリアセンターの職員」(ともに40%)、

「大学のOB・OG」(18%)となった。

近年の大学生は、SNS上で“先輩就活生”のアドバイスを聞くことで

自分の就活に生かしているケースも増えている。

しかし、自分のことを知ってくれている人や自分に直接アドバイスをくれる

大人のだれかに相談することも大切だ。

親に相談しづらいという学生は、大学の先生やキャリアセンターの職員、

OB・OGなどに積極的に相談し、1人で悩まないようにしてほしい。

また、子どもが親のアドバイスを全く聞いてくれなくて困っている親は、

子に対して自分以外の大人にアドバイスをもらうことも

促してはいかがだろうか。

記事出所:ダイヤモンドオンライン

※アンケートは、「ダイヤモンド・オンライン」読者(親)と

ダイヤモンド・ヒューマンリソースの「ダイヤモンド就活ナビ」会員(子・就活生)を対象に実施した。

調査期間は、2020年2月5日~17日。有効回答数は、親が291人、子が209人だった。

小数点第1位以下は省略。

就活の話をする親子は約6割「就職先の選び方」が主なテーマに

親と子の両方に「就活について親/子と話し合いますか」と尋ねたところ、

「話し合う」(「よく話し合う」「ときどき話し合う」の合計)

と答えた親と子はともに61%となり、6割近くは就活について親子で

話し合っていることが分かった。

 一方で、「話し合わない」(「ほとんど話し合わない」

「全く話し合わない」の合計)と答えた親は25%、子は27%に上った。

4組のうち1組の親子は、就活について話さないようだ。

また、「親と子が話し合うこと(内容)」については、

「就職先の選び方」が親子ともに6割を超えた。

 話し合う機会がある親子が就職先の選び方について話し合う際は、

お互いに「就職したい/してほしい業種や企業」の理想像に

ギャップがあることを理解した上で、

アドバイスをしたり、アドバイスをもらったりすることが大切だろう。

記事出所:ダイヤモンドオンライン

※アンケートは、「ダイヤモンド・オンライン」読者(親)と

ダイヤモンド・ヒューマンリソースの「ダイヤモンド就活ナビ」会員(子・就活生)を対象に実施した。

調査期間は、2020年2月5日~17日。有効回答数は、親が291人、子が209人だった。

小数点第1位以下は省略。

連休疲れの正体

いよいよ自粛ムードの「お盆」に入るが、

経営者やマネージャーする立場にある人は従業員や部下たちの

目に見えない「連休疲れ」に気を付けなければならない。

 

連休明けに少し疲れているメンバーがいたとしたら、

間違えても「連休取ったんだからシャキッとしろ!」と言ってはいけない。

 

むしろ、普段の休日以上に「連休のせい」で疲れている可能性が高いからだ。

 

この疲れの正体は「精神的な疲れ」によるもので、

仕事と同じでどちらかというと肉体的な疲労よりも精神的疲労が多く

疲労困憊している方は意外と多いかもしれない。

 

 

 

■旅行に誘われて休日を使った幸福度

 

 

2009年に行われたメタ分析によると、

心理学的には「旅行に行く」とうい行為自体では、

幸福度を得られるほどインパクトはなく、「効果量:0.38~0.43程度」と言う事が分かった。

※0.8以上程度からの効果量だと影響があると言える。

 

つまり、旅行は行かないよりは行った方がいいが、

それだけでは効果は得られないと言う事。

 

 

■連休疲れの正体

 

冒頭にも記載したが、「連休疲れ」というのは精神的疲労からくることが殆どで、

この精神的というのは自己嫌悪にも少し似た感覚で、

コントロールできない事でこの感情が生まれるので

何もやることなく家でダラダラ過ごしたりすると、

一見は休んでいる様には見えるが

「なんでこんな事やってるんだろうか」

「自分はダラダラした人間だな・・・」

とSNSなどを見ると特に意識してなくても無意識に

相当な精神的ダメージを受けている。

 

旅行などに行ったとしても、

他の人にスケジュールを決められたり、

ツアーの旅行にしてしまったりと自分でコントロールできないとすると

いかに楽しいメンバーや場所でも

幸福度は下がり疲労感が増大する事が分かっている。

 

 

■ではどうしたら休日を幸福に過ごせるか

 

 

解決策はこれだ。

「休日の予定を何日も前から立てる事」

 

つまり、休日における幸福度は休みの量が多い少ないかなどは幸福度には影響なく、

どのように過ごすかだけが幸福度を上げられる方法である。

 

ポイントは

「自分で計画を立てる事」

「なるべく非日常の体験をする」

「何時から何をするかまで細かく決める」

「それをすることにより何が得られるのか明確にしておく」

 

2010年にオランダで行われた研究で

974人を対象に34週間にわたり対象者の休日の前後に

どのような心理的変化があるか研究をしたところ

 

連休や、休日の前に事前に計画を立てていて、

その計画の自分で立てて、考える時間が長ければ長い人ほど

当日の幸福度が飛躍的に増幅した。

という結果がある。

 

■つまり

 

働き方改革、リモートワークなど騒がれている昨今だが

上記では社員やメンバーに「休日を取らせる」だけでは大半は全くリフレッシュできておらずむしろ精神的疲労を蓄積している可能性があることを理解して、

「休日の過ごし方」を考える仕組みや補助があった方が、

満足度や幸福度は上がり、結果会社全体の生産性向上に繋がるのではないだろうか。

UUUMが赤字に転落!?

2020年7月14日にUUUM社は第5期目の決算を発表し通期では黒字ではあったものの、
直近四半期(5期4Q)で3年ぶりに赤字を計上した。

大物YouTuberなどの離脱などが目立っていた中での赤字だったので
どのような原因なのか、回復の見通しはあるか決算書の内容から見て行きましょう。

 

 

■UUUM社のビジネスモデル

まず、UUUM社はどんな収益構造になっているのかというと
最も売上構成で大きいのは広告費となっています。

①超大物YouTuberが沢山所属しているマネジメント事務所
②YouTuberの広告費の20%が売上
③企業とのタイアップ
④グッズやイベントなどの運営

 

 

■赤字の原因分析

<増加ポイント>
所属チャンネルの3ヵ月間の動画再生数は
爆増してました。

113憶回⇒140憶回

自粛や緊急事態宣言の影響もあって
かなりの伸び率を記録した。

<減少ポイント>
再生数は上がったものの「再生単価」の減少が顕著

売上の大半を占める広告収益の再生単価を出して見ると
コロナの影響が大きいのか、
再生単価が非常に下がっていたのが分かる。

再生単価
※再生数/アドセンスの売上金額
=1再生あたりの再生単価

17年:[1Q]0.147円⇒[4Q]0.201円
18年:[1Q]0.173円⇒[4Q]0.238円
19年:[1Q]0.222円⇒[4Q]0.310円
20年:[1Q]0.265円⇒[4Q]0.242円

例年であれば10%程増加しているところが
今期は20%ダウンしていることがかなり影響を受けているようだ。

 

 

■赤字の理由の考察

【単純に売り上げ減】
コロナの影響で広告を出す企業が減った為単純にYouTubeの広告費や
起業とのタイアップやイベントの減少により
再生回数は爆増しても広告単価が下がってしまったので
単純に売り上げが落ち込む事となった。

【販売管理費の増加】
新規事業の業務委託費や広告費の投資コストが増加

つまり、投資コストは上がったが売り上げが落ち込んだ為
赤字となったという事のようなので
そんなに心配することは無いのではないだろうか。

 

■UUUM社が発表した見通し

・2021年5月期はクリエイターへの成長投資による成長加速を狙うとともに、
より幅広い個人・インフルエンサーに向けたサービス拡大を実現すべく、投資期と位置付け。

・売上面では、新型コロナウイルスの影響は続くものの、戦略投資による成長加速や、
吉本興業などアライアンス先との提携効果を見込み、アドセンスやタイアップを中心に
売上の成長加速を狙う。

・コロナの影響については、アドセンスやタイアップは1Qまで、グッズ、イベントは2Qまで続くと想定。

・クリエイターへの戦略投資を実行することなどから、2021年5月期の営業利益は減益を予想。
1Qから4Qにかけて尻上がりの業績回復を想定。

 

 

 

■総評

人気YouTuberの離脱が相次いでいたので、
大きなインパクトがあったのかと思っていたがそこまで影響は無さそうなので
ポイントは下記4点かと。

・売上が下がって、販管費UP
・大物YouTber離脱の営業は軽微
・コロナで再生単価が下落が主要因
・年末に向けて再生単価は戻るのかがポイント

決算内容からみると、短期的な赤字転落は一時的なものであり
来期は約30%ほどの売上増を見込んでいる(販管費も30%増加想定)為
年末までの回復がどのような推移を見せるかがこれからの命運を分けるのではないでしょうか。

これからに期待ですね。

「キャベツの切り方」の相違で敵対的買収か!?

現在、大戸屋HDに対して、TOBを進めていたコロワイド社だったが
正式に反対する方針を大戸屋側が固めた。

その反対の大きな火種は「キャベツの切り方」

 

 

コロワイド社:
キャベツはどこで切っても一緒だ!

 

大戸屋HD:
お店で切ったキャベツが旨いんだ!

と、方向性の食い違いにより
「店内調理を止めない!」を合言葉にTOBに断固反対姿勢を取ることになった。

7月20日(月)の大戸屋HD臨時取締役会で決議して正式表明をする意向

これからの同行から目が離せない。

 

■買収の経緯

<元々の大戸屋株主構成>
創業者の妻と息子・・・約19%
三菱UFJ信託銀行・・・約1.7%
自社従業員持株会・・・約1%
他数社・・・0.1%~1.5%

2015年

創業者であり会長でもあった
三森久実氏が57歳の若さで死去
その後株式などを含み
妻と長男らが資産などを相続し筆頭株主に。

その後、当時常務でもあった長男と経営陣の対立が表面化し創業者の息子が追い出され
会社を去る一方で、功労金として約2億を支払う事で内紛も収まったかのように見えた。

2018年4月

創業者の妻と息子が保有している約19%の株式を、
大戸屋に株の買取を依頼したが買取は成立しなかった。
※理由は明確ではないが金額にして30憶円程になるので
恐らく当時大戸屋側に余裕のあるキャッシュが
無かった為、成立しなかったのではないかと。。
※売却をする意図については明確にしてない

2019年3月

創業者の妻が大戸屋側への買取を諦め、
証券会社に株の売却相談
その後、証券会社を通じてコロワイド社が
売却を受ける事が決定

2019年10月

コロワイド社が大戸屋の株を
約19%を30憶円で取得し筆頭株主となる。

2020年

コロナの影響もあり大戸屋の売上がかなり落ち込み
経営を立て直す為、様々な協議を重ねたが前に進まない為、
同年4月にコロワイドが筆頭株主として
「取締役12人の選任を提案」
それに反発した大戸屋HDが2020年5月25日
「たかが株を19.1%しか保有してないのに経営権を支配するのはおかしい!」と拒否

2020年5月26日

株主を軽視していると、コロワイド社の怒りを買い
コロワイドがプレスリリースを出して、
恐らく「たかが19.1%」と言われたことに頭にきたのか
そういう事であれば、
もっと買い増ししてやると実力行使に出た。
※あくまでも個人的見解です。

2020年7月9日

大戸屋HDの株価が2,113円/1株のところ、
コロワイド社がその他の株主に対し
3,081円/1株で購入する(TOB)と表明
30%以上プレミアを付けて購入を表明とは、
コロワイド社も相当頭にきたのか、
凄い金額にも思えるがどうなるのか。

 

 

■今後の動き
7月20日(月)に臨時取締役会で正式にTOB反対が決議されることにより
買収を仕掛けるコロワイド社に対して、
断固として買収を食い止める様々な施策を取ってくると思うので
今後の動向から目が離せない。

M&Aはさらに増加するのか!?

新型コロナウイルスの感染拡大は広がり
感染拡大と共に世界同時株安をもたらし、
実体経済にも影響を及ぼしている。

 

アメリカではFRB(中央銀行)が事実上0金利施策を発動し
日本では金利施策は見送ったものの
ETF(上場投資信託)の購入目標額を6兆から12兆に倍増させた。

 

今までであれば、
上記施策などが発動するとある程度株価は上がるが
今回は全く株価は見向きもせずに下がり続けてる。

収束の見通しがなかなか立たない中、
企業経営を直撃する「見えない恐怖」はじわじわと広がりを見せている。

 

生命会社のレポートによると新型コロナウイルスの日本経済への影響は
「自粛や風評被害が深刻化した東日本大震災後と同程度の影響を前提とすれば、
名目GDPが東日本大震災後の▲2.5兆円を上回る▲2.9兆円程度の下押しとなる。

 

ただし、この試算は今年の前半中に国内での自粛が落ち着き、
海外からの風評被害も秋までに落ち着くといった前提。
長期化する場合には、想定以上の悪影響が及ぶリスクもある」という。

この状況下では資金力のある上場企業や大手などは、
内部留保の切り崩しや資金調達なのである程度は
生き残れるもしくは新しい一手が打てるかもしれないが

 

ベンチャー企業にとってはそうはいかない。

 

これから、少なくとも経営が行き詰まる企業が続出することは明らかで
この局面でどのような舵を取るかが経営者の手腕の見せ所だろう。

 

舵取りの一つとしては「イグジット」が
大きな候補として上がるかと思うが
売主側からのアプローチも増えると思うが

 

買主側からしたら
弱った企業を安く買える絶好のチャンスが到来したことになる。

 

大きな動きは、ある程度株価が落ち着いたタイミングにはなるかと思うが
年々、増加しているM&Aの件数も、
2020年及び2021年ははるかに件数が伸びるのではないだろうか。

 

新規上場取りやめるベンチャー企業相次ぐ

コロナ感染拡大を懸念して株式市場が大荒れとなっていることから、
東京証券取引所への株式の上場を取りやめるベンチャー企業が続いている。

東証によりますと、今月に入って、
上場の取りやめを申し出た企業は下記二社

 

■ウイングアーク1st社
ソフトウエア開発の会社で
今月26日に東証1部か2部への株式上場が決まっていましたが、
中止しました。

会社は「新型コロナウイルスの世界的な感染拡大などを受けた
最近の株式市場の動向などを総合的に勘案した」と説明しています。

 

■ペルセウスプロテオミクス社
医薬品の研究や製造、販売を手がけるは、
今月24日に予定していた新興企業向けの市場、
マザーズへの上場を延期しました。

延期の理由に、新型コロナウイルスが株式市場に
影響を及ぼしていることを挙げています。

 

勿論、何が正解かは分かりませんが
現在の、まったく先行きの見えない状況と
さらに加速する経済危機の波が来ると予測される中では
非常に賢明かつ迅速な判断なのではないでしょうか。

さらに日経平均の落ち方も止まらない。

先日トランプ米大統領が延期の検討に言及したこともあり、
オリンピックの延期が非常に濃厚になってきている中で
オリンピック開催が景気を支える材料になっていたことは間違いなく、
この影響は計り知れない為、海外投資家などは日本株を外しにかかっているのではないでしょうか。

OYO LIFEは大丈夫なのか!?

先日、1年も立たずしてヤフーとの資本提携を解消したOYOLIFE
第二のWeWorkになるのではないかと心配の声が多い中
実際のところはどうなっているのか

考察してみたいと思います。

 

■そもそも「OYO」とは

2013年当時19歳の青年が創業
2018年ソフトバンクビジョンファンドが出資を受ける(約1000憶円)
フランチャイズ化で急拡大
今ではマリオットグループに次ぐ世界2位の規模で
ホテルを運営(約120万室)する会社

一般的なホテルと違うのは
ホテルを建てて保有運営するのではなく

海外では中小規模のホテルはあまり奇麗ではないので
そのホテルをOYOが借り上げてある一定のクオリティーにして
フランチャイズ化して貸し出すビジネスモデルで

このようなホテル事業の急成長したのが
インドの会社「OYO」

 

 

■日本進出

そのOYOが日本のマーケットに進出する際に目を付けたのが
「賃貸住宅市場」でした。

 

日本では中小規模のホテルはクオリティーが高いため
同じビジネスモデルでは成功しないと考え目を付けたのが

 

約12兆円もあると言われている日本の「賃貸マーケット」でした。

インドから来た「黒船」を言われながら

ホテル事業のビジネスモデルを賃貸に応用して
シェアを取りに行く為に日本で立ち上げたのが「OYO LIFE」

2019年3月に日本で賃貸事業の立ち上げ

「旅するように暮らす」をコンセプトに

敷金も礼金もなく各家電付き、全てスマホ決済で即日からでも住める
ホテルのような賃貸マンションを運営しているのが特徴

 

 

 

■OYOLIFEのサブリースとは

簡単に言うと「又貸し」

仮に通常10万円の家賃の部屋を所有しているオーナーから
OYOLIFEが8万円で借り上げて、入居者には12万円で貸し出す

入居者が入居していてもいなくても、
確実に8万円の収入が入ってくる安心感がオーナーの大きなメリットで
借り上げる方は物件を購入せずに取得出来て価値を高めて賃貸することが出来るのが特徴。

 

 

■ヤフーとの資本提携

去年の2月にヤフーと資本提携をし
OYOLIFE(正確にはOYO TECHNOLOGY&HOSPITALITY JAPAN株式会社)の
株式の約30%を取得し提携した。

OYOとしては
物件獲得の観点から日本の信用力のある会社と組みたいという狙いが
あったので非常によい提携になったが
一年もたたずにヤフーは全株式をOYOに売却し手放した
果たして何があったのか

 

 

次回、より詳しく考察してみたいと思います。

 

令和元年度大学等卒業予定者の就職内定状況調査(12月1日現在)

文部科学省厚生労働省では、令和2年3月大学等卒業予定者の就職内定状況を共同で調査し、
令和元年12月1日現在の状況を取りまとめましたので、公表します。

取りまとめの結果、大学生の就職内定率は87.1%(前年同期比0.8ポイント低下)となり、
平成9年3月卒の調査開始以降、2番目に高い数値となり、引き続き高水準となりました。

文部科学省と厚生労働省では、大学等の就職相談員と新卒応援ハローワークのジョブサポーター(※)との
連携による新卒者等の就職支援などを行っています。

文部科学省では、引き続き、関係府省と連携し、新卒者等の雇用に関する施策の推進に努めていきます。
※新卒者等の就職支援を専門とする職業相談員(キャリアコンサルタント等の資格保持者や企業の人事労務管理経験者等)。
-就職内定率の概要-
・大学(学部)は87.1%(前年同期比0.8ポイント低下)
・短期大学は72.0%(同3.6ポイント低下)
・大学等(大学、短期大学、高等専門学校)全体では86.2%(同1.0ポイント低下)
・大学等に専修学校(専門課程)を含めると85.1%(同1.0ポイント低下)

ドリームクラウドの公式WEB動画footer画像