TOPICS

Dream Cloud Groupからのお知らせ

就活の話をする親子は約6割「就職先の選び方」が主なテーマに

親と子の両方に「就活について親/子と話し合いますか」と尋ねたところ、

「話し合う」(「よく話し合う」「ときどき話し合う」の合計)

と答えた親と子はともに61%となり、6割近くは就活について親子で

話し合っていることが分かった。

 一方で、「話し合わない」(「ほとんど話し合わない」

「全く話し合わない」の合計)と答えた親は25%、子は27%に上った。

4組のうち1組の親子は、就活について話さないようだ。

また、「親と子が話し合うこと(内容)」については、

「就職先の選び方」が親子ともに6割を超えた。

 話し合う機会がある親子が就職先の選び方について話し合う際は、

お互いに「就職したい/してほしい業種や企業」の理想像に

ギャップがあることを理解した上で、

アドバイスをしたり、アドバイスをもらったりすることが大切だろう。

記事出所:ダイヤモンドオンライン

※アンケートは、「ダイヤモンド・オンライン」読者(親)と

ダイヤモンド・ヒューマンリソースの「ダイヤモンド就活ナビ」会員(子・就活生)を対象に実施した。

調査期間は、2020年2月5日~17日。有効回答数は、親が291人、子が209人だった。

小数点第1位以下は省略。

ドリームクラウドの公式WEB動画footer画像