TOPICS

Dream Cloud Groupからのお知らせ

「キャベツの切り方」の相違で敵対的買収か!?

現在、大戸屋HDに対して、TOBを進めていたコロワイド社だったが
正式に反対する方針を大戸屋側が固めた。

その反対の大きな火種は「キャベツの切り方」

 

 

コロワイド社:
キャベツはどこで切っても一緒だ!

 

大戸屋HD:
お店で切ったキャベツが旨いんだ!

と、方向性の食い違いにより
「店内調理を止めない!」を合言葉にTOBに断固反対姿勢を取ることになった。

7月20日(月)の大戸屋HD臨時取締役会で決議して正式表明をする意向

これからの同行から目が離せない。

 

■買収の経緯

<元々の大戸屋株主構成>
創業者の妻と息子・・・約19%
三菱UFJ信託銀行・・・約1.7%
自社従業員持株会・・・約1%
他数社・・・0.1%~1.5%

2015年

創業者であり会長でもあった
三森久実氏が57歳の若さで死去
その後株式などを含み
妻と長男らが資産などを相続し筆頭株主に。

その後、当時常務でもあった長男と経営陣の対立が表面化し創業者の息子が追い出され
会社を去る一方で、功労金として約2億を支払う事で内紛も収まったかのように見えた。

2018年4月

創業者の妻と息子が保有している約19%の株式を、
大戸屋に株の買取を依頼したが買取は成立しなかった。
※理由は明確ではないが金額にして30憶円程になるので
恐らく当時大戸屋側に余裕のあるキャッシュが
無かった為、成立しなかったのではないかと。。
※売却をする意図については明確にしてない

2019年3月

創業者の妻が大戸屋側への買取を諦め、
証券会社に株の売却相談
その後、証券会社を通じてコロワイド社が
売却を受ける事が決定

2019年10月

コロワイド社が大戸屋の株を
約19%を30憶円で取得し筆頭株主となる。

2020年

コロナの影響もあり大戸屋の売上がかなり落ち込み
経営を立て直す為、様々な協議を重ねたが前に進まない為、
同年4月にコロワイドが筆頭株主として
「取締役12人の選任を提案」
それに反発した大戸屋HDが2020年5月25日
「たかが株を19.1%しか保有してないのに経営権を支配するのはおかしい!」と拒否

2020年5月26日

株主を軽視していると、コロワイド社の怒りを買い
コロワイドがプレスリリースを出して、
恐らく「たかが19.1%」と言われたことに頭にきたのか
そういう事であれば、
もっと買い増ししてやると実力行使に出た。
※あくまでも個人的見解です。

2020年7月9日

大戸屋HDの株価が2,113円/1株のところ、
コロワイド社がその他の株主に対し
3,081円/1株で購入する(TOB)と表明
30%以上プレミアを付けて購入を表明とは、
コロワイド社も相当頭にきたのか、
凄い金額にも思えるがどうなるのか。

 

 

■今後の動き
7月20日(月)に臨時取締役会で正式にTOB反対が決議されることにより
買収を仕掛けるコロワイド社に対して、
断固として買収を食い止める様々な施策を取ってくると思うので
今後の動向から目が離せない。

ドリームクラウドの公式WEB動画footer画像